フラット35リノベを使うにはある程度条件が必要

プランAの条件を知る

住宅ローンにはフラット35と呼ばれる商品があるのですが、これは全期間固定型の金利となっています。それだけに支払い計画を立てやすく利用しやすいのがメリットです。新規住宅を購入だけでなく中古住宅の購入にも適した内容となっています。 中古を購入してリフォームするときにはフラット35リノベと呼ばれるサービスが使えるのが特徴です。リフォームを行い機能向上をするときに適用されるもので一定期間が引き下げられるのが特典と言えます。 利用するときはある程度条件を満たしていないといけないのですが、これは基準を満たす性能向上が見込めるリフォームをしないとだめです。たとえばAプランだと認定低炭素住宅かつ耐震等級は3、耐久性と可変性は長期優良住宅でないといけません。

プランBの条件も知っておこう

金利プランはBと呼ばれるものも用意されています。こちらはAとは違う内容となっているので知っておきましょう。1から6までの条件が設定されていて、そのうちのいずれか1以上の基準に適合しているリフォームを行う物件が対象です。 省エネルギー性だと断熱等性能等級が4以上の物件、一次エネルギー消費量等級が4以上となっています。また耐震等級は2以上で免震建築物、高齢者対応の配慮等級が3以上で劣化対策等級が3以上かつ維持管理対策等級が2以上の物件です。この内の1つ以上なので比較的条件は緩いと言えるでしょう。 ちなみに金利プランBに該当すると当初の5年間は金利が0.6%引き下げられる特典がつくので検討してみるといいです。

© Copyright Home And Loans. All Rights Reserved.