省エネルギー住宅の購入をすると金利がお得になる

建築方法によって金利が割安となる

住宅金融支援機構が民間の金融機関と手を組んで取り扱っている、全期間固定金利型の住宅ローンとして知られているのが、フラット35です。固定金利だから毎月一定で返済しやすいこと、若年層であっても比較的審査が緩やかとなっている為、審査に通りやすいことで有名となっています。さらに大きなメリットとして挙げられているのが、省エネルギー型の住宅のために利用する場合には、金利が通常よりもお得となる事です。家の断熱性能がアップしていることで、光熱費の削減となる事は実際に住んでみた人の意見ですが、光熱費の削減だけでなく住宅ローンも返済する割合を抑えられます。二酸化炭素の排出の抑制ができている建物であることや、外壁・窓断熱であることが条件の一部です。

金利を抑制できる建築物として申し込むには

金利を抑制する為のフラット35に申し込むためには、前もって書類を用意しておかなければなりません。新築の家の場合には申込用紙に適切な記入がされていること、団信に加入している事が必要です。確認が取れたら検査機関に設計検査の申請をし、合格してから着工することになります。着工中、中間現場検査の申請を行い、合格する必要がある為、必ずチェックしましょう。竣工後、竣工現場検査の申請を行い、合格すると適合証明書が交付されるので、受け取ってください。受け取った証明書をフラット35に申し込んだ金融機関に提出し、火災保険にも加入することが必要となります。合格するまでに必要な書類は多々ある為、その都度確認してから申請しましょう。

© Copyright Home And Loans. All Rights Reserved.