お金が結構かかってしまうのが住宅購入です。日本では住宅の購入をサポートする住宅ローンと呼ばれるものが用意されています。大金を借り入れできるものなので初期負担を少なくして住宅を購入できるのがメリットです。ここでは住宅ローンの特徴を紹介します。

フラット35のメリットと特徴

フラット35は金利が固定されているので返済計画を立てやすい

フラット35は金利が固定されており、返済計画を立てやすいのが大きなメリットです。安定した資金計画を立てたい人、計画的に繰上返済したい人にも向いています。借入れに当たって保証料がかからず、保証人も必…

利用者に万が一の事があるときもサポートしてくれる

住宅ローンの中でもフラット35は返済終了まで固定金利となっているため、市場金利が上昇しても返済金額に変わりはありません。また、保証人不要で保証料が無料である上に、繰上げ返済手数料も無料となっていま…

省エネルギー住宅の購入をすると金利がお得になる

住宅金融支援機構が民間の金融機関と手を組んで取り扱っている、全期間固定金利型の住宅ローンとして知られているのが、フラット35です。固定金利だから毎月一定で返済しやすいこと、若年層であっても比較的審…

リノベーションバージョンも用意されている

性能向上リフォームが対象となるローン

住宅ローンの中でも、住宅の性能を向上させるリノベーション対応できるものは、一戸建て住宅の所有者の間で関心が集まっています。特に、バリアフリーや省エネ、耐震などの目的でリノベーションをする際には、百…

フラット35リノベを使うにはある程度条件が必要

住宅ローンにはフラット35と呼ばれる商品があるのですが、これは全期間固定型の金利となっています。それだけに支払い計画を立てやすく利用しやすいのがメリットです。新規住宅を購入だけでなく中古住宅の購入…

利用当初の5年や10年間は金利を引き下げてくれる

金融機関ごとに引き下げプランが異なる

住宅ローンの金利引き下げタイプは、複数に分かれています。全期間で金利を引き下げるタイプと、ある一定期間だけ引き下げるタイプです。引き下げる一定期間は会社によって異なっており、5年ないし10年ほどとなっているところが多いでしょう。引き下げる期間はローンを請け負う金融機関によって異なっている為、事前に複数の金融機関を確認しておくことが重要です。引き下げるパーセンテージは1パーセントから2パーセント前後で提供されていますが、1%でも違うと返済期間を短縮できるかどうかが大きく異なります。そのため、申し込む前に情報を確認する事、どれくらいの融資を受けるのか、毎月の返済金額はどれくらい違うのかをチェックすることが、利用しやすいプランを見つけるために必要といえるでしょう。

リノベーションでも使えるプランはある

住宅ローンは新築の家を手に入れた時にだけ、活用できるプランですが、中古の家を購入したとき、リノベーションをして住む為のリフォームローンも存在しています。当然金利引き下げプランも用意されており、金融機関によってはほぼ住宅ローンと変わらないプランも存在するほどです。金融機関ごとにそれぞれのメリットがある為、契約前にどんなプランにしたらいいのか、リノベーションの範囲や金利引き下げの対象となる工事についても調べておきましょう。また、ローンの種類によっては限度額がある為、事前に確認して申し込むことが重要といえるでしょう。なお、中古住宅を買ってリフォームローンだけが利用可能と考えられがちですが、住宅ローンで金利引き下げプランが使える場合もある為、確認してください。

© Copyright Home And Loans. All Rights Reserved.